Lim Wallet Havana

日々、必要十分なモノを選び
Lim Walletと共に持ち歩く。


多くの二つ折りの財布は、紙幣を数えたりカードやコインを出し入れする時に、財布の向きをそれぞれ変える必要がありました。Lim Walletはこの一般的なデザインを再考し、中身のレイアウトを縦方向に統一することで、これらの動作を簡潔にしました。

紙幣はフリップカバーを跳ね上げ、種類や枚数を確認し出し入れします。カード類は紙幣との仕切り部分にまとめて収納。コインはポケットの両脇を挟み込みながらカバーを開くと、そのまま滑り出すように取り出せます。このスリット部分にもレシートなど小さな紙片を挟んでおくことができます。外側背面ポケットにはカードや領収書、薄いメモなどを入れておくのに最適です。

Lim Wallet Havana Sepia


Lim Walletの収納量について

収納量は紙幣が10枚、カード7〜8枚、そしてコイン15枚程度と、一般的な二つ折り財布としては決して多くはありませんが、使用頻度の少ないカード類、増えてしまいがちなポイントカードやクーポンなどいったん整理整頓し、日々の生活で必要にして十分なモノを選び持ち歩くことをおすすめします。

Lim Wallet Havana Sepia


独自の手法でより薄くしなやかに…

一般に革製品は薄く軽くと考えると、素材自体が伸びたり歪んだり、なかなか形になりずらいものです。Lim Walletのユニークな仕様と複雑な形状は、裁断後に部位によって0.5mm~0.6mmくらいまで薄く漉き、表裏一体になるようベタ貼りという手法で貼り合わせたわずか3枚のパーツに統合し、折り紙のように折り込みながら組み上げることで実現しました。この手法は高い精度に加えより多くの素材も必要となりますが、革自体に弾力性をもたせ、歪みや型くずれを解消することで薄くしなやかな製品となります。

Lim Wallet Havana Sepia


古来から伝わるバケッタレザーの味わいと
2度染め製法のムラ感を味わえるHavana Leather


本製品に使用している Havanaと呼ばれる革は、イタリアのトスカーナ地方で古来から伝わるバケッタ製法で鞣し、単色で染めた後、さらに濃色の染料による二度染めの手法で生み出されています。全体を覆う素材のムラ感は、錆びた金属や朽ちかけた壁面のようでもあり、ハバナの街並みを彷彿させる独特の風情を醸し出しています。(ハバナはカリブ海にあるキューバの首都)

植物タンニン成分と十分に加脂された特性により、経年熟成することで最初は光沢が無くマットな質感ですが、少しずつ艶やかに変わり、色味も濃くなってきます。色の濃淡やムラの表情なども個体差があり、同じものはほとんどありません。これらは素材の持ち味としてご理解ください。


【Lim Wallet / Havana 仕様】

素 材 :牛革(イタリア産バケッタレザー / ハバナ)
カラー :Sepia (D.Brown)    
     Lapis (Black)
     (カッコ内:内側カラー)
サイズ :H.105mm x W.90mm x D.25mm
重 さ :約70g(個体差があります)
デザイン:リシンク
生産地 :日本製


Lim Wallet Havana 2Color

Havana Leather Lapisカラーについて
2度染め製法によるムラ感が味わい深いHavana Leatherですが、8月下旬からはくすんだブルー系にブラックが混じったLapisカラーが追加販売になります。画像左のLim Phone Sleeve XSとClipon Coin Holderも同じLapisカラーバージョンですが、これらのアイテムも9月以降、順次販売予定です。

【2019.8.16 追記:Lapisカラーをご希望の方は9月上旬お届け予定で予約注文を受付中です。】


  • 27,000円(税込29,160円)
カラー

型番 RLM034