Lim Pen Sleeve

必要な時にさっとペンを取り出せる必然のかたち。
それは、ペンを留め具にする発想から。

通常のペンケースの場合、まず最初にボタンや紐、ジッパーなどの留め具を開放しないとペンを取り出せません。しかし、思い立ったらすぐに書き始めたい時こそ「このひと手間を省けたらと…」という必然性から、ありそうでなかった「収納するペン自体を留め具にする」という発想が生まれました。

このシンプルな外観のLim Pen Sleeveですが、実は拡げると複雑な形状をした、たった1枚のパーツを内側に折り込むことで、継ぎ目のないなめらかで一体感のあるフォルムが形成されています。この無駄のない最小限の構造で3本のペンをコンパクトに収めることができ、ロールタイプのペンケースで良く見られるペン同士の干渉を避ける為の「かぶせ」もついていません。その理由はそれぞれのペンをどちらかに傾けて挿すだけでクリップ同士の干渉を避けることができるのと、ペンの種類によっては、丸めて閉じた状態からでも上部の隙間から3本とも取り出し、収納できるというメリットもあります。

左右に分かれた外側のスリーブには日頃から使用頻度の高い、お気に入りのペンを挿しておくことで、留め具の役割をはたしつつ、使いたい時にさっと取り出し、使い終わったらさっと収納できます。内側のペンを取り出したい時は、一旦外側のペンを途中まで引き抜き、ぺんスリーブを拡げてから元に戻し内側のペンを取り出します。外側のペンを抜き開くと、内側のスリーブがあらわれますが、ここはペンどうしによる擦れや傷を防ぐために2列に仕切られ、スリーブ幅も外側よりも広めなので太めの軸のペンにも対応しています。


デスクの上ではそのままペントレー感覚で使えます。
丸まったペンスリーブから外側のペンを取り出し、開くとそのままペントレー感覚で使用することができます。愛用のペンと一緒に自宅のデスクや外出先のテーブルの上で拡げる楽しみも加わる仕様です。中央のくぼみにちょうど使いかけのペンが収まります。




独自の手法でより薄くしなやかに…。
素材は手揉みによるシボを加えたキップスキンを表裏で配色になるよう貼り合わせています。一般に革製品は薄く、軽く作ろうとすると、素材自体が伸びたり歪んだりで、なかなか形になりずらいものです。そこでLim Pen Sleeveでは、きめが細かく張りのあるヌメ革を部位によって0.5mm~0.6mmくらいまで極薄に漉き、表裏一体になるよう貼り合わるベタ貼りという手法を選択しました。独自のノウハウと高い精度に加え、より多くの素材も必要になりますが、革自体に弾力性をもたせ、歪みや型くずれを解消し、薄くしなやかな製品となります。


収納可能なペンのサイズについて
ペンの長さは:クリップから上は24mm以内、下は130mm以内で、これを超える長さのペンは収納できません。
ペンの太さは:外側スリーブは直径12mmくらいまでのペン1本、内側スリーブは直径16mmくらいまでのペン2本です


【Lim Pen Sleeve 仕様】
素 材 :牛革(キップレザー、手揉みシボ加工)
カラー :ブラック、ブラウン
サイズ :H.154mm x W.128(46)mm x D.10(30)mm
    (カッコ内は丸めた状態)
重 さ :約28g
デザイン:リシンク
生産地 :日本製


オプションの値段詳細で在庫数量が表記されていますが、予約受付中の場合はこの数量まで予約受付できるということです。
  • 11,000円(税込11,880円)
カラー

型番 RLM004
在庫状況 在庫 0 売切れ